眠れる森の美女 (吹替版) (1960)

眠れる森の美女 (吹替版) (1960)

3.38095 5 42件の評価
  • (42)
¥300(SD)標準画質
¥400(HD)高画質
¥2000(SD)標準画質
¥2500(HD)高画質

iTunesで見る

14世紀のヨーロッパ。ある王国に、オーロラという名前のお姫様が生まれました。父のステファン王はオーロラ姫の誕生を祝う宴に、隣国のヒューバート王と後継ぎのフィリップ王子を招きます。2人の王様は両国の平和統合のしるしにフィリップ王子とオーロラ姫の婚約を発表しようと考えていました。 そこに現れたのは3人の妖精たち。植物の妖精フローラはバラの花のような美しさを、動物の妖精フォーナはウグイスのような歌声をオーロラ姫に贈ります。3人目の天気の妖精メリーウェザーが贈り物を授けようとした時、一陣の風とともに、招かれざる客、魔女マレフィセントが現れ、オーロラ姫に「16歳の誕生日、姫は糸車の針で指を刺して死ぬ!」と、誰にも解けない強力な呪いをかけます。そこでメリーウェザーは「不吉な予言は、あなたを眠らせるだけ。恋人のキスが呪いを解き、あなたは眠りから覚めるのです。」と姫に希望の光を与えます。 ステファン王はすぐに、国中の糸車を焼き払います。そして、姫を妖精たちに託し、16回目の誕生日を迎えるまで名前もブライア・ローズと変えて、森の小屋で育てることにしたのです。 月日は過ぎ、姫がお城に帰る日が近づいてきたある日、姫は森でフィリップ王子に出会い、2人は婚約者同士とは知らずに恋に落ちます。初めての恋に夢見心地のオーロラ姫は、自分の本当の身分と決められた婚約者の存在を知らされ悲しみの淵に沈みます。肩を落としてお城に戻ったオーロラ姫を待っていたのは、魔女のマレフィセント。姫は魔法の光に吸い寄せられ、指を糸車の針に…。呪いは遂に実現されてしまうのです。 一方フィリップ王子は、森で出会った美しい娘が自分の婚約者と知り、急いでオーロラ姫のもとへ。しかし、マレフィセントが巨大なドラゴンに姿を変え立ちはだかります。果たして王子はドラゴンを倒し、予言通りオーロラ姫の呪いを解くことができるのでしょうか…。

Sat Jul 23 1960

ミュージカル

監督:

脚本:

出演者: